マグネシウムバイク VAAST

デリケートな素材「マグネシウム」を使いこなしたバイク「VAAST」が日本上陸! その第一弾としてオールロードモデルの「A/1」を持って「VAAST/ヴァスト」の代理店さんが先日訪問してくれました。アップが遅くなりすみません!


マグネシウムってあまり聞きなれない素材だけど、

アルミニウムより33%、チタンの半分の重さ、強度もスチールより17%も高い。

更に振動吸収率は(非)金属の中でもトップクラス、加工性も良く細工もしやすい。バイクフレームとして魅力的な素材って事なんだけど、

酸化しやすく、熱変形を起こし易く、使いこなすのには高い技術力が必要となる。

(過去にも複数のメーカーが製品化していたが、やがて撤退していった。。。。)

そんな背景の中、加工技術に特許を持つAllite社が供給するAllite® Super Magnesium™ を使って誕生したのが、VAAST Bike。


The Model A/1(オールロードモデル)

第一印象はカーボン車のようは車重、硬そうな作り、触った感じもアルミとかチタンバイク、レーシングカーボンモデルの様なシナリの無いガチガチのフレームなんだろうな~ってのが正直なところ。

実際に試乗(店の周りを)させてもらった、あらびっくり!!踏み出しの軽さはガチガチバイクのものではない、滑らかで小気味良く走り出す、瞬発力もありそう。そして一番びっくりしたのは、荒れた(舗装)路面での振動吸収の良さ!!長い時間のテストライドがしたくなったね。クロモリバイク以外の(非)金属フレームで初めて「有り!!」と思った。

ラックやフェンダーの取り付けも可能にする加工や、ドロッパーポスト用のケーブルガイドも設けられるなど気の利いた工作もバッチリ。

価格もフレームセットで20万円弱。完成車で31.5万円~と比較的手を出しやすい価格となっている。希少価値も併せてなかなか面白いバイクに出会えた!!






おまけにマグネシウム材は100%リサイクルできるそうで、ある意味今どきの素材でもあるとのこと。ちなみにCFRP材(カーボンフレーム)のリサイクル率は0%です。


https://vaastbikejapan.myshopify.com/ja/