GIRAFFE

Chapter2 テストライド

Chapter2 試乗レポート

(試乗直後に殴り書きしてるのを未編集にて掲載します、リアルな感じが出るかな?〜)

 

TEREとRERE(エアロ)

REREはXSサイズ&電池切れのため詳細確認できませんでした

ので、TEREを中心にレポートします

 

お客様よりオーダーいただいたバイクの納車の前のチェック走行でXS、Sは試乗経験有り

今回は自分のサイズのMでテスト

 

第一印象は「普通に良い!」

(分かりづらい表現になるが、私にとっては最上級クラスの褒め言葉として使っている。)

 

前作のニールプライドのビューラ(初期モデル)やナザレ(初期モデル)、ゼファーを作った人らしいバイク、まさしくChapter2とはよく名付けたもんだ

ビューラの後継というより、(私の愛する)ゼファーの進化系だな

 

ハンドリングはニュートラル、ややどっしり気味、安定感抜群、人によってはコーナリングの入りが重たく感じる人もいるかもしれないが、BIKEの真ん中、重心を意識してあげるとビュ~ンと曲がってくれる、前荷重で乗っている人には曲がりづらく感じるかもね、そういう人はライディングフォームを見直したほうが良いかも

 どこかで似たようなハンドリングのバイクがあったな~~と、、、

あ! TIMEだ=TIMEのハンドリングがこんな感じだったな?

(Chapter2のほうがやや軽やかかな~)

 全く個人的な好みとしてはもう少しやんちゃなほうが好きだけど、長距離乗ったとき(疲労が溜まってきと時)なんかは頼りになるんだよね。BIKEに身を預けられるって感じ

但し、試乗車が履いていたのが28Cクラスのタイヤだったのでそのせいもあるかな~過去の納車前チェックのときにはあまり感じなかったので、、、

 

踏んだ感じは(これも)「普通に良い」

俗に言う「しなりのBIKE」ビューラ(初期型)より若干硬いかな??

反応も早いし、中速も高速域も軽やかな安定の走り、

私の貧脚では欠点は見つけられない

(今回は平地でのテストしかできていない、坂登たい!)

踏み出しがやや重く感じるけど、これもタイヤの性かな??

ディスク仕様のためリムブレーキ仕様に比べて剛性上げてたりするのかな??

だとするとリムブレーキ仕様のほうが好きだな~   乗り味はね

 

振動吸収は(またしても)「普通に良い」

適度に伝わるインメーションも含め快適なライディングを約束してくれそうだ

縦横の吸収具合(剛性?しなり?)いい塩梅に仕上がっている、

 

無理矢理のタイトターンの後にディスクが擦る音がする時があった、フロントフォークの捻じれかな~??スルーシャフトの止が甘かったかな??

細かいセッティングはお借りした状態のままで、自分でもやっていないのでなんとも判断できません

 

「RERE」

前記の通りあまりテストできていないが、エアロロードにありがちなゴツゴツ、ガチガチなバイクじゃなく、テスト車がXSなのにもかかわらず、しなやかな走りを体感させてくれた。 大きな印象は「TERE」と同等

「小さいサイズが乗りやすい」っては多くの日本人にとってはとてもありがたい

事に間違いない!!

実際、ニールプライド時代から小さいサイズばかり販売してきた記憶、

 

【まとめ】

全般的にライダー目線で作られた、ライダーに優しいBIKE

「楽しくたくさん乗ってね~」

「普通に良い」BIKEですよ

やっぱり ハンドリングの(抑えめな)ニュートラル具合が気持ちい良いのかな?

血気盛んなお兄ちゃんじゃなくて、「デキルおとな」な感じ?

ちなみにGiraffeオリジナル「Field Racer」はもう少し「やんちゃなおとな」向けですね、あえて比較すれば!ですけど、、、

 

レースで言えば

クリテリウム的な走りより、

ワンウエイのハードなコースを淡々とドバ==!って走るイメージ

エンデュランスレーサーって感じかな

 

(だから)ツーリングもOK

ブルベなんか良いんじゃないかな!

 

レースからボビーライドまで十二分に楽しめ、尚且20万円台半ば!!

って考えられないぐらい安いでしょ!!

 

 

 

Please reload

タグから検索
最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload