Urge ヘルメット 取扱い開始しました


以前から気になっていたけど他のメーカとの契約うんぬん~でなかなか手が出せなかったんだけど、いろいろ振り切って被ってみよう!!って事になり2020モデルより取扱開始となりました。

なんとなく高級ブランドな思いでいたけど、じっくり見たらなんだかリーズナブルな価格設定で手が出しやすいのね~

今回は4モデルが入荷、モデルによって若干かぶり心地に差がある気がしたので、比較的アジアンFITポイのをチョイス

イチオシはXC/トレイル モデルの「Supatrail」¥17,900- 最も 「urge」 っぽいデザインが好き

2020モデルは色が3色展開になっちゃったのがちょっと残念(他にチェレステ有り)

もう少しリーズナブルなのが 「Seriall」¥12,900-

とは思えない作り、かぶり心地は上位モデルと遜色ない

他のモデルにも共通するけど、手で持ったときより被ったときのほうが軽く感じる、密着感が弱い? 薄い?(良い意味ですよ)頭とヘルメットの間に隙間が多い??気がする、ベタッとくっつく感じがないのにFIT感は良い

被った見て一番違いを感じたのがNEWモデルの 「Gringo」¥21,900-

エンデューロモデルでチンガードが外せるモデル、持った感じずっしりするんだけど、被っちゃうとチンガードの重さを全く感じない!! ベースが「Seriall」なので空気穴も沢山空いてて通気性良さそう〜(これも被りたいけど、フルフェイス幾つも被り分けるほどDHerじゃないしな〜・・・)

もう一つ「Urge」っぽいのが「Endur-o-Matic2」¥17,900- 

エンデューロという競技カテゴリーを作り、 EWS(エンデューロワールドシリーズ)を立ち上げた、「urge」の社長の歴史を物語るネーミングなんでしょうね~

先ずはこのモデルから被ってみようかな!

#MTB #おすすめ #グラベル #パーツ

GIRAFFE